相手の価値を認める心

相手の価値を認める心

人として尊重して重要視することがとても大切。決してロボットのように扱ってはいけません。
仕事を監督する立場なら、部下に裁量を与えて存分に働かせましょう。
誰かと待ち合わせした時、少しくらいの遅刻でも、相手にとっては「軽く見られているな」と感じるでしょう。ときには悲劇につながることもあるのです。
偉くなればなるほど、他人よりも自分のほうがすごいという言動をしてしまいがち。自分のすごさをひけらかす必要はありません。そんなことをすればするほど冷ややかに見られるだけです。
だからといって媚びへつらうのもいけません。ただただ相手を認めればいいのです。尊大な態度をとっても得られるのは自己満足だけです。

page top