巧みな伝達力

巧みな伝達力

会話がうまくできない人は難しく考えすぎです。どんな人が相手でも何気ないことから会話を始めればいいのです。それこそ「いい天気ですね」でも「あのニュースみました?」でも構いません。そこから話が弾みます。始めのうちはうまくいかないかもしれませんが、経験していくことで上手になっていきます。何も話さなければ経験も積めません。
ただし重要なことが2つあります。「相手に話をさせること」「相手をからかわないこと」です。相手を話しやすい気分にさせて話をさせることで、だんだん心を開いてくれます。どんなに親しい関係でも相手をからかっては心が遠ざかります。何気ない一言が傷つけることもあるのです。

page top